円高・円安という言葉の意味を知ろう

■円高・円安という言葉の意味を知ろう

外国為替とは国際間での決済方法だという説明をしました。
外国為替取引で重要になのが「円高・円安」という言葉です。
ニュースや新聞では聞いたことがある言葉だと思いますが、そこまで重要な言葉なのか実感がわきませんよね。
それを今回はお話したいと思います。

毎日ニュースや新聞で報じられている一般的な為替相場は米ドルと日本円の関係です。
一般的に言われている円高・円安は米ドルとの関係性であり、常に変動しているので毎日報じられています。

【円高】
他の通貨と比べ日本円の価値が上がること。

【円安】
他の通貨と比べ日本円の価値が下がること。

例えば、為替相場が現在「1ドル/100円」。
数時間後に「1ドル/99円」になれば、少ない円でドルが買えるわけですから円高と言われる為替相場です。
そして更に数時間後、「1ドル/101円」になればドルを買うには多くの円が必要なので円安と言われます。

例えば、ドルが値上がりすると予想すれば、1万ドルを100万円で買います。
そして値上がりしたところで売却すれば1万ドルが110万円になり10万円の利益を得ることができます。
もちろんこの逆値下がりすれば損失が出ます。
これらを予測して利益、損失を出す投資方法が、外国為替取引と言われるものです。