外国為替取引という言葉の意味を知ろう

■外国為替取引という言葉の意味を知ろう

外国為替取引と言えば、FXやバイナリーオプションという投資法が有名です。
実際にこの2つの投資法に興味がある人たくさんいるのではないでしょうか。

ただ興味はあれど何から始めて良いかわからない、全く意味がわからないという初心者もたくさんいます。
更に言えば、実際にやってみたけどわからなかったという人もいると思います。
そういう方達に最初からわかりやすく説明できればと思っていますので宜しくお願いします。

まず「為替(かわせ)」という言葉から知るとわかりやすいです。
為替は、手形や小切手によって貸借を決済する方法のことを言います。
遠い場所でのお金のやりとりを行うために始まった決済方法です。
わかりやすい例は銀行、郵便局で行われる口座振替・払込が為替の代表例。

為替という意味を知ったところで、「外国為替」という言葉にステップアップです。
これは「外為(がいため)」とも言われますが、言葉の通り国際間で行われる為替のことを外国為替と言います。

そしてやっと「外国為替取引」という言葉にたどり着きます。
外国為替で取引をすること言えばそれで終わりなのですが、国際間の通貨を売買し利益を出すこと、それが外国為替取引です。

為替相場を見て日本円がいま海外ではどれぐらいの価値があるのか。
よく「1ドル/●円」という表示がありませんか?
これはドルと円の価値を表しています。

FX、バイナリーオプションはこの為替相場によって投資をするものです。
円安になるのか、円高になるのか、そこを予測して利益を上げるもの。
それが外国為替投資と言われる投資法です。